2011年10月19日

ユーリンタウン

先日、ミュージカル「ユーリンタウン」を観てきました。
流山児祥さんの演出作品を観るのは初めてでしたが面白かったです。
主演は別所哲也さん、長身で華のある2枚目なのに今回は悪徳警官役。
しかもお話の狂言回しも兼ねていて途中で自嘲気味にネタバレまでする…。
一筋縄ではいかないブラックなストーリーです。

主役のカップルを演じる二人の役者(今村洋一さんと関谷春子さん)、
役柄のイメージにピッタリでともに熱演でした。
装置は簡素なのだけどお話も役者たちも舞台からどんどんはみ出し、
劇場空間全体が「ユーリンタウン」の世界に侵食される感じです。
開演前や休憩時間中もどうぞご注意下さい(笑)。
音楽も生で楽しめるし、ダンスシーンもふんだんで飽きさせません。
そして2時間25分後に迎える、なんとも皮肉なラスト。

「革命」というある種の非日常な躁状態の中でも
ヒタヒタと進行する現実に冷徹に目を向けることの重要さ、
「未来」に希望があるかどうかはわからないというシビアな視線。
救いようのない話と言えばそうなのだけど、不思議と後味は悪くない。
あまりネタバレしたくないのでこれ以上は書きません。お薦めです。
大久保鷹さんの飄々とした存在感も印象的でした。


「ユーリンタウン」at座・高円寺1
10月30日まで公演中、当日券あり
HPから、当日精算の前売予約も可能
問い合わせは流山児★事務所まで
http://www.ryuzanji.com/
posted by masako at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 見てきました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49049316
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック