2011年04月18日

かもだる田の感想などなど…

すみません、すっかりアップが遅くなりました。
かもだる田バラエチー公演「花の精」の感想です。

まずは「だるま食堂」http://darumashokudou.com/の皆様、
私は全くの初見だったのですが
とっても楽しくてたくさん笑わせて頂きました。
3人の個性のバランスが絶妙ですね。
自虐と言えば自虐だけど決して悲惨でなはく
ありのままで押し切ってしまうパワーがスゴク頼もしい。
女性3人のコントでこういうスタイルってありそうで無いような。
卑屈だったり媚びが入ったりすることが全然なくて
本当にアッケラカンと笑えます。心身に良い笑いです。
しかも子供向けではなく、ハイレベルです。
私の後ろの席にいたお客さん(女性2人)なんて
まるでアゴが外れそうなぐらい笑いっぱなしでした。
ワンマンライブも観てみたいです。

「かもねぎショット」の皆様。http://www.jah.ne.jp/~kamonegi/
高見さんの、相変わらずの“いつもなぜか疎外感”が
さらに研ぎ澄まされてきた感じでモノスゴク可笑しい。
栗栖さんの濃ゆ〜いお人よし加減がやっぱり可笑しい。
井草ちゃんのクールな可愛らしさがまたまた可笑しい。
ひまわりの花になりきった会話や、「新たなミッション」で
背中伝いにボールを送る表情が真剣に馬鹿馬鹿しくて良かったです。

多田慶子さん。
今回は可憐な花売り娘に始まって
最後はオオカミを手玉に取る姐御の貫禄を見せてくれました。
花売り娘の笑顔はコワいほどに可愛らしかったです。
姐さん、何を演じてもカッコイイ。
多田さんのブログはコチラ→ http://tadahitori.exblog.jp/

ラストシーンの全員での「花の精」コスチューム(というか被り物…)での
アカペラでの熱唱は涙なしには聴けないほど可笑しかったです。
ホントに楽しい公演を拝見できて幸せでした。
震災直後はリハーサルもままならなかったらしいのですが
そんな苦労は微塵も見せずプロに徹していらした皆様、
ありがとうございます。お疲れさまでした!
次回の企画も楽しみにしております!
posted by masako at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 見てきました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44432303
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック