2010年11月24日

生声らいぶ無事終了

1011241.jpg

昨日、「生声らいぶ」が無事に終了しました。
本番の出演は僅かに3分でしたが、
ほとんど一発勝負だったので結構緊張。
3部構成のうちの2部のトリだったのでなおさらだったかも。
終わった後、担当のK先生からはダメ出しをされました。
う〜む、まだまだ場数が必要なようですあせあせ(飛び散る汗)

演目の比率としてはスピーチが多かったのですが
他にもテキストの朗読、落語、一人芝居などなど。
いくつかお聴きした中では、声の質やスキルよりも
ご自身の体験や思いを素直に自分の言葉で話されている方々が
印象に残りました。

自分の持ち味を最大限に表現するというのは
簡単なようで難しいです。
まず客観的に自分の資質を見極め、
それを引き出すためのプロデュース能力が問われる。
でも自分に備わっている魅力を発見する楽しさがあるし
しかも皆それぞれ違う結果になって、それでOKって素敵なことだと思う。

私にとってヴォイスパフォーマンスは
きわめて苦手なこと、コンプレックス克服への挑戦でした。
今は、ヴォイスによる表現にも自分なりに楽しさを感じています。
昨日の生声らいぶは講師の先生方や受講生のボランティアさん、
多くの方に支えられての手作り感のある温かい会でした。
参加できて良かったです。
支えて下さいました皆様に深謝黒ハート



白石先生のブログ
http://blog.livedoor.jp/shiraishi_kenji/

スタッフブログ
http://blog.livedoor.jp/powerfull_voice/
posted by masako at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 学びの途中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41836209
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック