2013年07月20日

19年

今日は父の命日でした。もう19年も経つんだ…早い早い。

五日市のお墓参りは1日がかりになるので9月の祝日に予定。
当日はあきる野教会で御ミサを挙げて
地元の料理屋さん「黒茶屋」でお清め食事会の予定です。

なんとなくこのスケジュールも年中行事になってきたなぁー。
父が亡くなってからしばらくはまだ受験生だったことと(税理士試験は8月初旬なので)
あまりにこの時期暑すぎるため少し季節をずらしたのが理由だったのですが…


19年前、私たち家族は父を在宅で看取りました。
よくよく考えると理想的な亡くなり方だったのかもしれないです。

最後の父の主治医は、川越厚(こう)先生でした。
川越先生はご自身でもがん闘病のご経験があり
在宅ホスピスケアの実践にずっと取り組まれています。
http://www.pallium.co.jp/index.html

川越先生との出会いも不思議な偶然だったんですよね。
父にまつわるさまざまなご縁は今でも繋がりが続いているものもあり。

そんなことをふと思う、今年の7月20日でした。
posted by masako at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記